葉酸サプリを利用してHAPPYマタニティライフをスタート

医者

簡単に摂ることが可能

妊娠に気づく前から必要とされています。

先生

葉酸は水溶性ビタミンに分類され、アミノ酸代謝やたんぱく質の生合成、ビタミン代謝に役立っています。 通常の食生活で不足することはほとんどないですが、妊娠中などは普段の倍近くの葉酸が必要となります。特に妊娠初期に不足すると胎児に悪影響が出る確率も高くなります。 まだ妊娠に気づきにくい時期にたくさん必要となりますので、過度なダイエットなどで葉酸が不足状態にならないように普段から気をつけなければなりません。 食べ物から積極的に葉酸を摂ることを心がけましょう。多く含まれる食品は主に植物性食品です。 動物性食品にも多く含まれているものもありますが、うなぎやレバーなどは脂溶性ビタミンも多く含みます。脂溶性ビタミンは体に蓄積されるため、過剰症が心配されます。植物性の食品を料理の中に取り入れることが望ましいです。 調理法も、葉酸は水に溶け熱にも弱い成分ですので、洗う時は手早く洗い、加熱の際にはそのゆで汁ごといただけるスープなどにするのがおすすめです。

世界中で積極的な摂取が推奨されています。

葉酸が胎児に与える影響を低減させるものとして注目されてからは、諸外国をはじめ日本でも厚生労働省が積極的な摂取をすすめるまでにまりました。野菜不足になりがちな最近の食生活への対策として、サプリメントの摂取を推奨しています。今から妊娠を望む女性には、普段から十分な量を摂取しておいてほしいという願いで活用を呼びかけています。 外国では既に、妊娠中の葉酸サプリメントが保険適用になるなど日本より大きく進歩しています。日本も葉酸を添加した食品の開発などに力を入れ始めた所です。 昔の食生活では自然と取り入れられていたので、葉酸という言葉も最初は聞き慣れない言葉だったと思います。しかし現在は、強い関心と意識を持って摂取しなければならないものとなって来ています。